あなたの反射神経は大丈夫?子供から大人まで楽しめるハロウィンにピッタリなゲームはいかが?

15978191049_c2bc241b2f_zのコピー

もうすぐハロウィンです。

我が家では毎年、ハロウィンには子どもたちとパーティをしたりゲームをしたりして楽しんでます。

今回は大人も子供も楽しめるハロウィンにぴったりなゲームを紹介します。

スポンサーリンク

おばけキャッチ


RIMG0065
おばけキャッチ:日本語箱(メビウス/ツォッホ)


RIMG0059

箱のなかにはカード可愛らしいおもちゃとドイツ語で書かれた説明書が入ってます。

RIMG0067

「赤いソファー」 「青い本」 「緑色のビン」 「ねずみ色のねずみ」 そして「白いおばけ」の駒は木製です。

ルール説明

  • プレイ人数:2~8人 対象年齢:8歳以上 プレイ時間:20-30分
  • テーブルに置いた5つのコマを置き、お題カードを1枚ずつめくっていきます。カードに示された条件に合うコマを瞬時に判断し、スビード勝負の取り合いをします。
  • 正解のコマを取ることができた人がそのお題カードを得点として獲得していきます。カードを一番多くもらえた人が勝ちです!
  • めくられたカードを見てどのコマを取るか判断をするのですがその時の考え方が2つあります。
  • カードにコマと同じものが書かれていた場合は、それを取ります。カードと同じものがない場合は、全く合わないものを取ります。

写真で説明します

まず「赤いソファー」 「青い本」  「緑色のビン」 「ねずみ色のねずみ」「白いおばけ」をプレーヤーたちの中央に配置します。

公平を期すためにはそれぞれを同じ距離に置くのが望ましいですが、そのあたりは臨機応変に。

伏せて重ねたカードを一枚ずつパッとめくり、みんなに見えるように置きます。

例えば下の写真のカードが出たとします。

RIMG0043

写真には「緑色のソファ」「ねずみ色のネズミ」が描かれています。

この場合、「ねずみ色のネズミ」は実際に在るアイテムなので「ねずみ色のネズミ」の駒を取ります。

RIMG0044

アイテムを争奪した人はそのカードを手に入れることができます。

カードをめくる係は順番に交代します。

RIMG0045

上のようなカードの場合、「白いおばけ」は実際に在る駒なので「白いおばけ」の駒を取ります。

RIMG0046

では次の場合はどうでしょう。

RIMG0056

「赤いビン」「青いおばけ」が描かれていますが2つとも無い駒です。

この場合「色」と「形」を切り離して考えます。

「赤色」「青色」「ビン」「おばけ」です。

この時に取らなくてはいけないアイテムは

「赤色」でも「青色」でもなく「ビン」でも「おばけ」でもないアイテムです。

つまり「ねずみ色のねずみ」です。

RIMG0057

この「ねずみ色のねずみ」を対戦相手よりも先に判断して取ります。

お手つきした場合は、その時のカードの獲得者に一枚渡します。

手持ちのカードがない場合は1回休みになります。

伏せたカードなくなるまで繰り返し、カードを獲得した枚数で勝敗が決まります。

「実在するもの」を取るのか「色も形も描かれていないもの」を取るのか

集中力、判断力、決断力が必要なゲームです。

脳のトレーニングにいいかもしれません。

小学3年生の娘と対戦しましたが何度やっても勝てませんでした。

僕の脳は明らかに子供より衰えているようです。

酷い時はたった5枚しか取れませんでした。

子供はカードを取るのに1秒もかかってないようです。

なので脳というよりは「反射神経」ですね。

まとめ

  • ルールが単純で大人も子供も楽しめる。
  • 駒が木製で味わいが合って可愛い。
  • 反射神経のトレーニングになる。
  • 駒におばけがいるのでハロウィンにぴったり。
  • コンパクトで準備も片付けも楽チン。

是非興味があったら遊んでみてください。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク