ホームセンターの材料でラップスチールギターを製作 その3

lap

スポンサーリンク

ウェンジの指板の接着


指板が完成し接着されています。
ウエンジの毒々しい模様が見えるでしょうか。
フレット部分はヒノキです。
ポジションマークは楢のツキ板を使いました。


指板のエンドはこんな形にしてみました。

ボディの修正


裏の外周のR加工をトリマーでしている時に、ビットのガイドがジャックの穴に落ちてしまい、ボディに食い込んでしまいました。
ウェンジのあまり材で修正します。
アクセントにしようと違う色の材を使いました。

荏油で塗装


木工はすべて終了したので、サンディングしてから塗装していきます。今回はオイル塗装です。荏油を使いました。一回目少量を 塗ってすぐに布で拭き取ります。


木目がきれいに出てきました。


ブビンガのパーツにも。
こちらは色が濃くなりすぎた気がします。


つやが出てきました。
後は二日あけては塗りを5回ほど繰り返していきます。
あるサイトには最低10回はしたほうがいいとありましたが、自然な仕上がりにするため回数を減らします。
(本当はただめんどくさいからです)

各パーツの組み込み


塗装からひと月ほどたち製作の再開です。
某オークションで手に入れた安物のペグです。
安物ですが実際の使用には問題なさそうです。


これは自作したナットとブリッジです。
ブリッジは最初、レスポールJrのタイプを仕様予定でしたが変更しました。


ここで問題が発覚。
ペグが若干ひっかかって入りません。


ヤスリで削りました。

無事に付きました。

その4へ続く

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク