夫婦でがん保険と医療保険の見直しをしたら◯万円も節約できた上に資産運用もできた話 その2

6355840185_8e1c4d8f11_b

今年の夏、妻の推めで保険の窓口で保険の見直しをしてもらいました。

その様子をまとめてみました。

前回の続きです。

前回は僕の医療保険の見直しだけで月に3500円も節約ができた話をしました。

今回は「がん保険」「死亡保険」の見直しの話です。

もう一度、おさらいしておくと「保険の窓口」側からの提案は

  • 先進医療の付いた医療保険1だけ残し、他の2つの医療保険は解約。
  • がん保険は別の商品を比較検討したうえで、解約し新規に加入。
  • 死亡保険のうち郵便局の簡易保険と富士生命の低解約返戻金型終身保険の2つについてはそのまま残し、収入保障保険は解約。

でした。

スポンサーリンク

がん保険の見直し

現在、加入しているガン保険はアリコのがん保険です。

内容は

がんと診断された時に受け取る一時金   100万円

がんで入院した時            日額10000円

がんで手術した時            1回につき50万円

がんで通院した時            日額5000円

がんでの先進医療保証          通算2000万円限度

放射線治療給付金            月額20万円

抗癌剤・ホルモン剤治療給付金      月額20万円

とこんな感じです。

この中でどこが無駄なのか?

がんと診断された時に受け取る一時金       100万円

がんで入院した時                日額10000円

がんで手術した時                1回につき50万円

がんで通院した時                日額5000円

がんでの先進医療保証               通算2000万円限度

このすべてが無駄という診断をされました。

更に「放射線治療給付金」「抗癌剤・ホルモン剤治療給付金」の月額20万円の保証も多すぎると指摘されました。

今や「がん」は通院で治療する時代

       

小俣さんいわく、「がんは通院で治療する時代ですよ」とのこと。

なので入院保障はいりません。

それに医療保険の方に入院保障「日額5000円」があるので問題なしです。

ここで「通院して治す」なら通院の日額5000円は必要なのでは?と疑問に思うかもしれません。

しかし、これも必要ありません。

なぜなら「放射線治療給付金」「抗癌剤・ホルモン剤治療給付金」の保証だけで補えるからです。

がん治療で通院するということは「放射線治療」や「抗がん剤の処方」のために通院するということになるからです。

つまり「入院保障」も「通院保証」も重複しているわけです。

「放射線治療給付金」「抗癌剤・ホルモン剤治療給付金」は月にたった一度だけ「放射線治療」や「抗がん剤の処方」のために通院しても保証されます

たった一度の通院で月額20万円なら20万円、月額10万円なら10万円を受け取れます。

では「放射線治療給付金」「抗癌剤・ホルモン剤治療給付金」は月額どれくらいあれば良いのでしょうか?

保険のエクスパートの小俣さんが仰るには月額10万円あれば良いでしょうということでした。

もっと高額の治療を受けることになるかもしれませんが、月7から8万円あれば「抗がん剤治療」は足りるということです。

がんによる先進医療保章も必要ないの?

僕の場合は必要ありません。

なぜなら医療保険の方に特約でついているからです。

がんの保障はあくまで「がん」にしか適用されません。

でも医療保険は医療全般に適用されます。

なので僕は医療保険で先進医療保障の特約がついているので、がんになっても保障されます。

がんで手術した時にかかった金額はどうする?

高額療養費制度がある

例えば手術費の総額が100万円だったします。

病院で健康保険診療を受けた場合、3~69歳の人が窓口で支払うのは原則3割なので

自己負担額は30万円です。

同一月(1日から月末まで)の自己負担額が一定額を超えると「高額療養費制度」により超過分の払い戻しが受けらます。

所得に寄って自己負担限度額は違いますが、70歳未満で高所得でも低所得でもない一般の者なら8万100円で、これを超えても1%の追加負担しかかかりません。

計算式 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

これに当てはめると

80100+(1000000-267000)/100=8万7430円

総額100万円の手術費がかかっても、一般所得の人なら、1カ月の限度額は9万円程度の自己負担ですみます。

がんと診断された時に受け取る一時金もいらないの?

がんと診断されたときにでる一時金。

そもそもこれはなんのために必要なのか?

手術費にあてる

通院費にあてる

治療費にあてる

その他いろんな経費にあてる

ためのもの。

「高額療養費制度があるとはいえ、一旦は高額な手術費を払わなければいけないのでまとまった一時金を受け取っておくと安心ですよ」ってことです。

それなら必要じゃないんですか?って疑問になりますが、前回の医療保険の見直しの時に話したように「貯金しましょう」ってことです。

「医療保険」も「がん保険」も掛け捨てです。

払い続けたお金は戻ってきません。

いつお世話になるかならないかわからないものにお金を掛け捨てるわけです。

保険料を節約した分を貯金しておけば、そのお金はいろんなことに使えます。

もしがんになって手術を受けたとしても貯金があれば安心です。

あとから高額療養費制度を利用して払い戻してもらえばいいんです。

チューリッヒのがん保険を勧めるわけ

小俣さんから勧められたのがチューリッヒのがん保険です。

チューリッヒの公式サイトでネット見積もりしてくれました。

その結果がこれです。

000

年額で12770円です。月に換算すると1064円。

今までは5000円以上支払っていたので4000円も節約できます。

保障内容はこれだけです。

  • 主契約給付月額を10万円
  • 悪性新生物保険料払込免除特約

省いたもの

  • がんと診断された時に受け取る一時金  
  • がんで入院した時の日額保障
  • がんで手術した時の保障
  • がんで通院した時の日額保障
  • がんでの先進医療保障

悪性新生物保険料払込免除特約とは?

初めて悪性新生物と診断確定されたら、以後の保険料の払込みは必要ありません。

※上皮内新生物は保険料払込免除の対象となりません。

つまりがんの診断を受けたら、以後は保険料を支払わなくても保障を受けられるというものです。

この特約をつけても保険料は月換算で80円しか違いません。

チューリッヒのがん保険を勧める理由はこの悪性新生物保険料払込免除特約があるからです。

新たな「がん保険」に加入を決めたときの注意

さらに4000円の節約になるし、実際お話を聞いて納得できたのでチューリッヒのがん保険の加入の手続きをしました。

クレジットカードで保険料の支払いをしました。

掛け捨てなので少しでも安くするために年払いにしました。

さて現在加入しているアリコの「がん保険」を解約するわけですが、ここで注意することがあります。

がん保険は加入してから90日経たないと保障が開始されません

これはどのがん保険も同じです。

仮に今すぐアリコのがん保険を解約したとします。

翌月、がんの診断を受けたとします。

新規に加入したチューリッヒのがん保険は90日経ってないので保障されません。

契約も破棄されてしまい、他のどの「がん保険」にも加入できません。

というようなことが起こりうるわけです。

なのでそこをどう考えるかですが、慎重にしたいなら90日間は現在加入している「がん保険」を残しておくし、一ヶ月後に解約するか、二ヶ月後にするかは個人の見解によります。

僕は90日間は残しておくことにしました。

チキンなので^^;

まとめ

見直しもあと少し、ここまでで約7500円の節約になりました。

  • がん保険の場合、医療保険で重複している部分は特約をつけなくていい
  • 手術費や一時金も節約した分を貯金して備えておく
  • もし高額な手術費がかかっても高額療養費制度がある
  • チューリッヒの「がん保険」は悪性新生物保険料払込免除特約があるのでオススメ
  • がん保険を乗り換えるときは現在加入している保険を90日間残しておく

さて次回は「僕の死亡保険」と「妻の保険の見直し」をまとめます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク