夫婦でがん保険と医療保険の見直しをしたら◯万円も節約できた上に資産運用もできた話 その3

6355840185_8e1c4d8f11_b

前回、前前回は保険の窓口で僕の「医療保険」「がん保険」の見直しをして7500円の節約になった所まで話しました。

残るのは僕の「死亡保険」と妻の「医療保険」「がん保険」です。

スポンサーリンク

僕が加入している死亡保険の見直し

保険の窓口の小俣さんからの提案はこうでした。

  • 先進医療の付いた医療保険1だけ残し、他の2つの医療保険は解約。
  • がん保険は別の商品を比較検討したうえで、解約し新規に加入。
  • 死亡保険のうち郵便局の簡易保険と富士生命の低解約返戻金型終身保険の2つについてはそのまま残し、収入保障保険は解約。

僕が加入している死亡保険

  • 郵便局の据置終身年金保険
  • 富士生命の低解約返戻金型終身保険 (リビングニーズ特約)
  • 富士生命の収入保障保険

1つずつ見ていきます。

旧簡易保険 据置終身年金保険の内容を知り、母の愛を知る

まずは郵便局の据置終身年金保険から。

いわゆる簡易保険ってやつですね。内容はこんな感じです。

月額保険料が約1.5万円

保証期間15年

基本年金額24万円(年3%複利で増加)

払込済年齢55歳

特約なし

赤い数字は変えてあります。

実はこの簡易保険、まだ僕が若いころ母が加入してくれました。

当然支払いは自分でやってます。

死亡した場合の受取人は妻です。

その頃は(今もですが)あまり年金保険の重要性もわかなかったのですが、小俣さんの説明を聞いて素晴らしいものであることがわかりました。

まず僕が勘違いしていたのは「保証期間15年」という部分です。

これは年金が15年間しかもらえないものだと思っていました。

これは間違いで、「終身年金保険」なので「生きている間はずっと年金をもらえますよ」というものです。死亡保険の一種なのに生前に貰えるんです。

では保証期間15年とはどういうことか?

例えば1年だけ受け取って死んでしまったとします。

保証期間は15年なので残りの14年間は遺族の方に年金が支払われます。

つまり「最低でも15年は年金を受け取れますよ」ということです。

計算すると55歳までに支払う保険料の総額より

受け取る年金の総額が上回るので完全に勝ちの保険です。

しかも生きていればいるだけ年金を受け取れるんです。

いま解約したら大損ですね。

ちなみに55歳前になくなってしまった場合は納付額の100%が戻ってきます。

この場合、損得なしです。

据置終身年金保険生きていれば生きているだけ得な保険と考えればいいでしょう。

ただ注意点は無駄な特約は一切つけないことです。

特約をいろいろつけてしまうと商品の価値は落ちます。

母がこの事を知っていたかはわかりませんが、特約をつけずにこの簡易保険に加入してくれたのはありがたいです。

当然、この保険は残します。

低解約返戻金型終身保険とは

  • 低解約返戻金型終身保険は保険料が通常の終身保険に比べて安いです。
  • 保険料払込期間が終わってから解約すると返戻金が増えて戻ってきます。
  • 年金方式で受取ることもできます。
  • ただし、保険料払込期間の途中で解約すると大損します。

この低解約返戻金型終身保険の特徴を考えると以下の活用法があります。

  1. 死亡保障をしながら資金を貯める
  2. 学資保険として活用する

他にもありますが、僕にとってはこの2点の活用法に興味があります。

1の「死亡保障をしながら資金を貯める」は簡単です。

保険料払込期間が終わってから解約すると返戻金が増えるわけですから。

「死亡保障つきの貯金」をしているようなものです。

解約せずに置いておけば返戻金はどんどん増えていきますから、ちょっとした資産運用にもなります。

2の学資保険として活用する方法については後ほど話します。

以上のメリットがあるのでこの保険は残します。

収入保障保険

問題の収入保障保険です。

小俣さんからは解約を提案されました。

まず収入保障保険を簡単に説明すると

「あなたが死亡するか高度障害を負って働けなくなったら、家族に収入を保証しますよ」

という保険です。

僕のは

月々10万円の年金

払込期間 60歳まで

保険期間 60歳満期

という内容のものでした。

何故、収入保障保険はいらないのか?

保険の窓口の小俣さんは「これを解約しませんか?」と提案しました。

僕がよくわからないでいると

「遺族年金があるのをご存知ですか?」と小俣さん。

「遺族年金?」

「公的年金です。死亡者が国民年金被保険者でしたら支給されます。」そう言って小俣さんはPCに向かいシミュレーションをしてくれました。

ごめんなさいシミュレーション結果の詳細は言えませんが、そこそこの金額が支給されるようです。

さらに低所得者、母子家庭になれば様々な援助が受けられたりもします。

結構、悩みましたが妻が慎ましい生活で子どもたちを支えてくれることを期待して解約することに決めました。

これで更に4000円の節約になりました。

まとめ

  • 郵便局の旧簡易保険(据置終身年金保険)は勝ちの保険だった
  • 富士生命の低解約返戻金型終身保険貯蓄型の保険
  • 低解約返戻金型終身保険は途中で解約すると損をするので無理な金額と払込年数を設定しない
  • 低解約返戻金型終身保険学資保険として活用することもできる(後日説明します)

以上で僕の保険すべての見直しが終わりました。

ここまでで11000円くらいの節約ができました。

僕くらいの収入の者にとっては大きいです。

さて残るは妻の保険です。

続きます。ふぅ~~~っε=( ̄。 ̄;)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク