Apple Music「BILL ITUNES COM」から二重請求された理由を推測してみた。

3375628395_d02d4b331a_b

前回、Apple Musicから二重に月額料金980円を請求されたので、ひとまず解約の手段をとったことを記事にしました。

Apple Music の落とし穴 !?「BILL ITUNES COM」からまさかの二重請求!?

2015年の10月4日に申し込んだ分と10月13日に申し込んだ分が請求されていました。

一体何故このような事になったのか?

自分なりに推測してみました。

スポンサーリンク

複数のデバイスでAPPLE MUSICを利用した

真っ先に考えられるのは複数のデバイスでAPPLE MUSICを利用したことではないかと思います。

僕の解釈はこうでした。

同一のAPPLE ID なら複数のデバイスでAPPLE MUSICを利用しても1つの契約とみなされる。

このへんの真偽を確かめたくても情報がなくてはっきりしたことがつかめません。

仮に1つのデバイスにつき、1つの契約であるとするならば二重請求されても仕方がないです。

でもこのことは利用者側からするともっと明確に記述して欲しいところです。

今やひとりが複数デバイスを所有する時代です。

音楽を楽しむ環境も様々です。

例えば、僕の場合

  1. iPhoneアプリ + Bluetooth スピーカー で車の中で楽しむ
  2. ノートPCのiTunes + Bluetooth スピーカー で家のいろんな場所で楽しむ
  3. デスクトップのWindowsマシン + モニタースピーカーBEHRINGER MS40 で自分の部屋で楽しむ

と3つのケースでそれぞれ使用するデバイスが違います。

こういう楽しみ方をする人は結構いるんじゃないでしょうか?

同一IDで1契約で利用が可能なのか、1デバイスにつき1契約なのかすご~く大事なことですよ。僕のような収入のものにはすごく大事です。

ファミリーメンバーシップも用意してありますが、これも6つのIDなのか、6つのデバイスなのか気になります。

ちょっとAPPLEのサイトを見た感じでは6つのIDで1契約と解釈できるのですがねー。

IDのパスワードを忘れて、パスワードを変更した

APPLE MUSICの無料キャンペーン中に申し込んだのが2014年の10月4日。

このとき申し込みに使ったデバイスは離れの自分の部屋にあるWINDOWSマシンです。

その数日後、自宅のリビングでまったりしている時にMAC BOOK PRO でAPPLE MUSICを楽しもうとログインしようとした時にAPPLE IDのパスワードを忘れてしまったことに気づきました。

仕方ないのでパスワードの再設定の手続きを済ませてからAPPLE MUSICを利用したのですが、もしかしたらこの行為が再度申し込みをしたとみなされてしまったかも知れません。

もちろんIDはそのままで、パスワードだけの変更だったのですが、システム上それがどういう結果を生むのかはわかりません。

その日が10月13日だったかどうか、はっきり覚えていないのですが、その日に別のデバイスで利用したのは間違いないと思います。

まとめ

と2通りの推測をしてはみたものの、結局はわかりません。

巨大な会社とはいえ、人間が作り上げたシステムの上でやっていることだから、こういうことも在るんじゃないというくらいの気持ちで構えている方が自分も楽です。

ただやっぱり利用者の立場を考えたわかりやすい説明は欲しいですね。

解約の手続きを済ませたので、11月14日からAPPLE MUSICを利用できなくなりましたが、もう少し情報が出そろうまでは契約を控えるつもりです。
でもたった2日で禁断症状が・・・まずいっ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク