Amazon Prime Music 本日より始まる。早速利用してみた。

p1

今日のお昼頃、何気なくFM富士を聞いていると、「本日、AmazonからPrime Music のサービスが開始されました。Amazonプライム会員なら100万曲以上の曲が聴き放題です。」とアナウンスがありました。

Apple Musicの二重課金問題で、音楽のオンラインサービスは停止状態だったし、たった3日間でもいろんな場所で音楽が楽しめない生活に禁断症状が出始めていたので早速調べてみました。

Amazon Prime MusicについてAmazonのサイトで早速調べてみました。

スポンサーリンク

100万曲以上が聴き放題

ジャンルもJ-POP、ポップス、ジャズ、クラシック、そして僕の好きなロックまでそろっています。

楽曲はどんどん追加されるようです。

音楽の専門家が選曲したプレイリストが用意されている

今どんな気分か

今何をしているのか

どんなジャンルが好きか

どんなアーティストが好きか

に合わせて専門家が集めた楽曲のプレイリストが数百用意されている。

これは便利かも。

ソニーのスマートフォンXperiaにはウォークマンアプリが入っていて、気分にあわせた楽曲を再生する機能がついてます。「ながら聴き」するときは利用しているのですが、ずこく便利でこれだけでXpreiaを所有する価値があると思っているくらいお気に入りの機能です。

これと同じようなものだと思います。

追加料金がかからない

Prime Musicの料金はAmazonプライムの年会費に含まれてます。

なのでプライム会員は追加料金なく利用できます。

プライム会員でない人も、30日間無料体験があるのですぐに試すことができます。

プライム会員になるためには年3900円の会費が必要になります。

プライム会員の特典は他にもいろいろあり、ここでは説明はしませんが、Amazonをよく利用する人なら会員になっても損はないと思います。

ちなみに僕はプライム会員です。

PC、iPhone、iPad、Android端末で楽しめる

Prime MusicはPC、iPhone/iPad、Android端末で利用できます。

同社の製品であるFireタブレット、Fire TVシリーズでも利用可能です。

ネット環境があればクラウドに保存されている楽曲を、さまざまなデバイスで聴くことができます。

またネット環境がなくても楽曲をモバイル端末にダウンロードすれば聴くことができます。

Amazon Prime Musicを利用してみる

プライム会員なら追加料金無しで利用できるので、プライム会員である僕は早速利用することにしました。

上で述べたことも利用しないことにはわかりません。「百聞は一見に如かず」です。

Amazonのサイトのカテゴリーのデジタル&プライムミュージックからデジタルミュージックストアをクリック。

p2

次に右上のミュージックライブラリをクリックします。

p3

自分のアカウントでサインインします。p4
今すぐ利用するをクリックします。プライム会員なので無料での利用になります。

PPP

p5

保存されている楽曲がないので何か保存してみます。

ちょっとマイナーなバンドを検索してみました。

上の検索窓で「Riot」と検索してみます。

アーティスト名、楽曲名に「Riot」が含まれるものが全部出てきました。

p6

アーティスト名のところをクリックして絞ります。

p7

うーん。お目当てのサンダースティールは有料1600円でした。

何故か最新作のUnleash The Fireは無料です。

人気なものは有料なのかもしれません。

「ゲスの極み乙女。」で検索してみました。

p8

こんな感じです。

うーん。微妙ですね。

と、ここでプライムリストに注目してみます。

その他のプライムプレイリストを表示」をクリックしてみます。

p10

通勤通学中に聴くJ-POP
朝から元気になれるJ-POP集

というのがあるのでライブラリに追加してみました。

+ライブラリに追加がライブラリで再生に変わりました。

ライブラリで再生をクリックします。

p11

こんな感じで再生が始まりました。

今は離れのスタジオにあるWindows PCのブラウザで再生しているのですが、おそらくMac Book Proでも同様にブラウザ上で再生できるでしょう。

モバイルで試します。

Xperia SPにアプリをインストールします。

インストールはここからできます。

p12

アプリを起動します

p13

続行します。

Screenshot_2015-11-18-15-41-14

Prime Music を始めるをタップします。

p14

ここをタップしてメニューを開きます。

Screenshot_2015-11-18-15-42-03

ライブラリを開きます。

Screenshot_2015-11-18-15-42-17

先ほどPCで保存したライブラリ「通勤通学中に聴くJ-POP」が入ってました。

開いてみます。

Screenshot_2015-11-18-15-42-39

スクロールすると「ゲスの極み乙女。」の楽曲が入ってました。

Screenshot_2015-11-18-15-43-17

つまりミュージックライブラリーで検索したアーティストの曲が入っているプレイリストが表示されていたわけです。

逆に「悲しい時に聞きたい曲」とか「雨降りの日に聞きたい曲」なんかで検索はできないのでしょうか。

PCのブラウザからプライムプレイリストを探すをクリックします。

P15

こんな感じにある程度、カテゴリーで分けられてます。

P16

気になったのは「勉強がはかどるポップス」です。

逆に気が散ってしまいそうな気がするんですが…

あと、これいいかなと思ったのが、雨の日のカフェ・ジャズ」

P17

「雨の日に読む本」とか、「雨の日に聴く曲」とかを選ぶのが好きなんですよね。

2つとも気になったのでライブラリに保存してしまいました。

それにしてもこういうプレイリストを作成する専門家って、どんな人達なんでしょうか?

すごく気になりますね。

まとめ

今回は駆け足でPrime Musicの利用開始までのレビューになりましたが、しばらく使い込んでからまた気づいたことがあったら報告したいと思います。

プライム会員なら追加料金無しで利用できるので、何も考えずに利用した方がいいと思います。

僕としてはプレイリストをうまく使って「ドライブ」「ウォーキング」「トレッキング」「筋トレ」などの時の「ながら聴き」に利用するのが便利かなと思いました。

面白いタイトルのものを探すのも楽しいですしね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク