僕がKindle Paperwhiteを選んだ理由

RIMG0397

2011年にNEXUS7の初代機を購入した時にkindleアプリをインストールして何冊か電子書籍を買って試したことがありました。

その時、利便性は感じたものの、何故か紙の本から電子書籍に以降する気持ちが起きませんでした。

確かに便利だけど値段が紙の本とほとんど変わらないし、物質として感じられないものにお金払う事へ違和感を覚えたことが理由です。

あと本棚に本がずらりと並んでいる光景を眺めるのも好きですし、本代を節約するために中古の本を買うこともあるし、もう読まないであろう本をブックオフなどに買い取ってもらうこともあるし、といろい考えると「物質としての本」のほうにメリットを感じてます。

そんなわけで紙の本から電子書籍へ以降しないままきました。

スポンサーリンク

Kindleなら身体への負担が減らせる

僕は移動の時は必ず鞄の中に本を2から3冊は忍ばせています。

それが最近は歳のせいか、鞄が重く感じるようになりました。

家に帰ってくるころには肩がバリバリになってます。

今、持ち歩いて読んでいる本がコチラ

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

日本人はなぜ日本を愛せないのか (新潮選書)

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)

本だけならまだしも、僕の鞄にはほかにもNEXUS7にデジカメWG-5GPS、充電器、Xperia SP(通信用)、Xperia SO-01B(電話用)などなど、他にもいろいろ入っているので結構重いです。

これをイオンモールとかに買い物に行った時は4~5時間くらい肩に背負っているわけです。

そりゃ肩も懲りますよ。

身体への負担を軽くするだけじゃない

電子書籍リーダーを持ち歩くのは、本を数冊持ち歩くよりも身体への負担は圧倒的に軽くなります。

でもそれだけではありません。

Amazonで書籍を買う場合、紙の本よりもkindle書籍のほうが10%も安いです。

もっと安いものもあります。

その上、紙の本を買うよりもポイントがもらえます。

現在、ポイント還元セール中最大20%のポイントがつきます。

こういったポイント還元セールはちょくちょくと行われているようで、凄い時は50%の還元セールもありました。

更にKindle端末のオーナーは対象書籍を1月に一冊無料で読むことができます。

すごくないですか?

つまり、アマゾンで本をよく買う人なら、読めば読むほどお財布への負担も軽くなります。

Kinde Paperwhite を注文。そして到着。

「そういえばプライム会員のためのお得なセールをしていたし、ちょっと現行のKindleを調べてみようかなー」と早速、Amazonのサイトへ。

Kindle電子書籍リーダーは「Kindle」「Kindle paperwhite」「Kinde Voyage」の3機種がありました。

そのうち「Kindle」「Kindle paperwhite」はプライム会員価格で4000円も安く購入できます。

口コミが良かったので「Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi」を注文しました。

お急ぎ便で次の日に届きました。

RIMG0376
合わせて保護カバーも買いました。
Amazon認定 【Kindle Paperwhite カバー】Nupro スリムカバー ネイビー

手に持つとこんな感じです。

RIMG0379

文庫本より一回り大きい感じです。

RIMG0380

様々な言語に対応しています。

もちろん日本語にします。

RIMG0382

起動中です。

Kindle paperwhiteが入っていた箱の蓋の裏にこれと同じ絵がありました。

RIMG0378

木陰で本を読む少年。

アメリカで有名な本好き少年なのかわかりませんが、日本で本好きといえば二宮金次郎でしょうか?

RIMG0383

数週間持続するバッテリーって凄いですね。

僕はスマホにケータイ、タブレット、MacBookPro、カメラと日々充電するデバイスがたくさんあるので数週間ももってくれると助かります。

RIMG0384

Wi-Fiに接続します。

しないと使えません。

RIMG0385

おや、アカウントの入力もしてないのに既に自分の名前が登録されている。

さすがAmazon。

RIMG0386

ソーシャルとリンクできるみたいですが、今はしません。

RIMG0387

本はすべてクラウドに無料で保存されます。

もちろんKindle端末にダウンロードして読むこともできます。

RIMG0388

読みたい本をタップして開きます。

RIMG0389

片手で操作できるように考えられてます。

RIMG0390

ホーム画面にはKindleのユーザーガイドと今まで自分が購入した電子書籍が並んでます。

RIMG0393

今まで買った電子書籍はこの3冊のみ。

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

(文庫)眼力 (サンマーク文庫)

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

さて折角なので何か購入してみましょう。

最近ブログを始めたのでこの本を買います。

RIMG0394

この本のポイントは還元セール中で20%でした。

RIMG0395

たった1クリックでダウンロードされ、ラインナップに加わりました。

すぐに読めます。便利ですね~。

RIMG0396

読み終わったら保護カバーを閉じるだけ。

これなら鞄の中に無造作に突っ込んでも画面を傷つけずにすみます。

まとめ

今まで、その存在を知りながらも敬遠していたKindle端末と電子書籍。

いざ使ってみるといろんなメリットがありました。

  • 本を持ち歩くよりも軽い
  • 本をたくさん読む人はお財布にも優しい
  • Kindle端末のバッテリーのもちがいい
  • アマゾンのポイントがたまる。現在ポイント還元セール中で最大20%
  • 本しか読めないので集中できる
  • 毎月、1冊、対象書籍を無料で読める

さて今月の無料で読める本、何にしようか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク