銘木の端材から作るアクセサリー

僕は趣味で銘木のアクセサリーを作っています。
銘木というと貴重で高価なイメージですが、家具の製作などで出る端材を仕入れているので安価に手に入ります。
その中から木目がきれいなものを選んで、デザインをイメージしていきます。
アドビのイラストレーターなどを使ったりしてより具体的にしていきます。
今回は黒檀のハートのチャームを製作します。
まずバンドソーで厚みを3ミリから4ミリくらいに挽き割ります。
挽き割った表面はガタガタしているのでベルトサンダーで磨いて平らにします。
次にボール盤で穴を開け、またバンドソーで外形を切り出します。
写真はラフカットした状態のものです。
黒檀のハート
この後、周りをヤスリなどで整形します。
結構、大変な作業なので、また後日やります。
そのほかに製作したものを紹介します。
黒檀とアフリカンバドウクとメタルビーズのブレスレット
黒檀とアフリカンバドウクと100均で買ったメタル風ビーズで製作したブレスレットです。
バンドソーで切り出してから、ヤスリで手加工するので大変でした。
塗装は荏油で仕上げてあります。
洋ナシのチャームトップ
メイプルと黒檀とブビンガの端材を利用して製作しました。
洋ナシの中で実と種が熟している様子を天然石のビーズで表現してみました。
ビーズをつなげる作業が木工と違ってなれていないので苦戦しました。
これはチャームにしようかと思ってます。
節操なくいろいろなことをしているので、なかなか捗らないですが…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク