廃材のパレットを利用してプランターを作りました。

今日は朝からいい天気に恵まれました。
先週は悪天候のためにできなかったことがたくさんありました。
この機を逃すと、ずるずるといってしまいそうなので、出かけたいのを我慢して今日は大ひょうたんの定植用のプランターを自作します。
材料はこれです。
廃パレット
仕事で大量にでる木製のパレットです。
大ひょうたんをプランターで育てることができるかわかりませんが、畑を持っていないので他に方法がないのです。
いろいろネットで調べてみるとヒョウタンは肥料を大量に消費するらしいので、大きなプランターを作ります。
午前中でだいたいは仕上がりましたが、お昼ご飯を家族と外食するために一時中断。
午後3時頃に帰ってきてから1時間くらいで1つ完成しました。


結構大きいプランターができました。
廃パレットで作ったコンテナ
これをもう1つ製作して3メートルくらい離して平行に2つ並べ、その上に棚を作ろうかと思ってます。
土を入れる前に設置する場所を決めないと・・
庭を牛耳っている母と交渉せねば。
まだまだ課題が残ってます。
気まぐれでのんびり屋の僕ですが今回は急がないと・・
こうしている間にも、ひょうたんは成長し続けてますから。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク