銘木の端材を使ったアクセサリー製作 アフリカンバドウク

前回、黒檀から切り出したハートを紹介しましたが、今回はそれと合わせて使うパーツの製作を紹介します。
これはアフリカンバドウクの端材です。家具製作でこういった端材がでるらしく安く仕入れることができます。
アフリカンバドウクの端材
最初は銘木集めが面白くて、特に何に利用するか考えて購入したわけでもないのですが、アクセサリー製作をはじめてから利用するようになりました。
これを鋸で1センチ幅にカットします。
それから糸鋸でハートの形に切り出していきます。


ちいさいのでちょっと大変ですが、後でヤスリできれいに削るので大体形になればよしとしてます。
アフリカンバドウクの端材から削りだしたハートのアクセサリー部品
溝が彫ってあるのが見えるかと思いますが、フライスという機械にボールエンドミルという先端工具をとりつけて削ってます。小さいので手に持たずにジグにクランプでしっかり固定します。
おそらく文章ではわかりづらいと思いますが・・
僕は機械で作業しているときよりもヤスリなどの手工具で作業しているときのほうが好きです。
時間はかかりますが、無心になることができます。
機械を使っていると仕事しているみたいでホッとした気になれません。
完成までに使う木のパーツはこれだけです。
後は普通に市販されている金属パーツなどで組み立てるだけです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク